トパーズの価値や種類、産地などについて調べました!

おはようございます!!色石一年生のヨシナリです!!

今回勉強する色石はこちら!!

 

f:id:iroishibank-yoshinari:20170722124431j:plain

 

トパーズ」です!!!

 

和名では黄玉と呼ばれ、トパーズは語源がいつか説があると言われております。

 

 その中のひとつは古代、産出地である紅海の島の周りは常に霧に包まれており見つけることが難しく困難だったため、ギリシャ語で捜し求めると言う意味の「Topazos 」からきたと言われております!

 

なかなか探せないなんてまさにお宝です!!!

 

色んな色を持つトパーズ

 

インペリアルトパーズ (黄褐色から橙褐色)


ピンクトパーズ (ピンク)

ブルートパーズ (ブルー)


シャンパントパーズ (薄茶色)


グリーントパーズ (グリーン)


カラーレストパーズ ( 無色)

 

ミスティックトパーズ (緑、黄、紫などが虹色の様にカラフルに現れる)

 

 

トパーズに行われる処理

トパーズの中には無色や淡い色合いのものがありその多くは人工的に放射線処理を行い着色されています。

 

代表的なのはブルートパーズで、そのほとんどは無色のトパーズに放射線を照射したものだといわれています。天然のブルートパーズは意外に少なく、有ったとしても薄い色合いのライトブルーになります。

 

またミスティックトパーズも人工的な照射により虹色に輝くトパーズになります。

 

トパーズの産出地

 

トパーズの主な産出地はベトナム、ブラジル、カンボジア、ロシア、タイなどで産出されるほか、なんと日本の岐阜県恵那郡滋賀県大津市でも産出されます!!

 

 

トパーズの品質評価と価値の高いトパーズ

 

トパーズの品質評価としては色合いが濃く鮮やかで、内包物が少ないものほど価値が高くなります。しかし黄色味が強かったり、茶色がかったものは価値が下がってしまう場合があるので注意が必要です!

 

またシェリーカラーのインペリアルと言う名称の付いたトパーズでオレンジに赤味が強くなるほどその価値は跳ね上がります!!

 

ほかにもレッドトパーズと呼ばれるトパーズは産出量が少なくとても希少価値が高くなります!!

 

 

まとめ

トパーズも類似石が多くなかなか見分けることが難しい石です!

しかし中にはとても価値の高いトパーズがあるかもしれません!

色石バンクでは、ひとつひとつの石を経験豊富なスタッフの鑑別や特殊な機械を使い適切に査定することが可能です!!色石や外し石をお持ちのかたは是非一度色石バンクに送ってみては如何でしょうか!

iroishi-kaitori.jp

 

 

 

 

 

 

ヒスイとは!?

おはようございます!!色石バンクヨシナリです!!

 

皆様、夏休みのご予定はお決まりでしょうか!夏と言えば海水浴!

すでに海開きをしてるビーチも出てるみたいです!!

 

ということで今回は夏休みのオススメ海水浴場トップ10!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ではなく、今回勉強しようと思う色石はこちら!

 

f:id:iroishibank-yoshinari:20170708115606j:plain

 

翡翠(ヒスイ・ジェイダイト)』です!!

 

ヒスイは東洋(中国)、中南米(インカ文明)ではとても古くから人気で金以上に珍重された時代もあったそうです!!今も中国や香港でも人気のある色石です!!

 

翡翠は「硬玉」(ヒスイ輝石)と「軟玉」(ネフライト)の2種類があります。


宝石としての翡翠は50%以上のヒスイ輝石が含まれたヒスイ輝石岩を指し、それ以外のものは基本的には価値の低いものとされあまり好まれません。

 

 

ヒスイ(硬玉)の主な産出地

 

・日本 : 新潟県糸魚川市姫川流域、北陸の海岸や富山県の宮崎・境海岸(ヒスイ海岸)、兵庫県養父市(旧大屋町)、鳥取県静岡県引佐地区、群馬県下仁田町岡山県新見市の大佐山、熊本県八代市泉町など

ミャンマー : カチン高原(カチン州)
グアテマラ : モタグア渓谷
・米国 : カリフォルニア州ニューイドリア地区
・ロシア : 西サヤン山脈
カザフスタン

 

実はヒスイは日本でも産出されるんですね!そしてよく間違われやすいですが、ヒスイは中国で人気ですが中国では産出されないのです!

 

 

ヒスイの特徴

 

価値の高い宝石の中でヒスイは硬度が低く、傷の付きやすい宝石です。

ただしヒスイは細かい繊維状の結晶が沢山絡み合って出来ているため衝撃からの耐久性は全ての鉱物のなかでもっとも割れにくい性質を持っていると言われているんです!!

 

 

価値の高いヒスイ

 

日本で翡翠は深緑の宝石という印象を持つ人が多いですが、実は色々な色がありピンク、薄紫(ラベンダー)、半透明、白、青、黒、黄、橙、大きく分けて、15色程度あると言われています。

 

ヒスイの中で価値が高いとされるヒスイは『ロウカン翡翠』と呼ばれ、特徴はネオングリーンのような緑色をしており、とろっとした雰囲気の中に透き通るような透明感を持っています。中にはエメラルドのカボションカットと間違えてしまうのではないかと思うものもあります。

 

 

まとめ

 

今回はヒスイについて勉強してみました!ヒスイは鑑別がとても難しく、類似石も数多く存在します。

 

また翡翠は多孔質の物質であり染料を簡単に吸収することから質の悪いものは染料をしみ込ませて色を綺麗に見せたり、含浸をされたものなど悪質な処理が施されたヒスイもとても多いのです。

 

そういったヒスイは、素人の方やあまり宝石に詳しくない方は簡単にだまされてしまいます。

 

色石バンクでは色石について沢山の経験を重ねてきたプロが何人もいるためヒスイに施された処理や質を見極めることが可能です!気になる商品がありましたら査定に出して見てはいかがでしょうか!!

 

iroishi-kaitori.jp

トルマリン!!とは!?

おはようございます!!色石一年生ヨシナリです!!

今回勉強する色石はこちら!

f:id:iroishibank-yoshinari:20170625114337p:plain

 「トルマリン」です!!

皆さん、トルマリンをご存知でしょうか。

 

 

トルマリンとは

 

トルマリンは、結晶を熱すると電気を帯びるため別名、電気石(でんきせき)とも呼ばれています。

 

産出地は主にブラジル、アフリカ各地スリランカアメリカ合衆国で、世界的に見ると多産な鉱物ですが、中には「パライバトルマリン」と呼ばれる希産宝石として珍重されるものもあります。

 

 

 

トルマリンの種類

 

トルマリンには様々な色があり、その一つ一つに別の呼び名があります。

・アクローアイト(無色)
・ルベライト(赤色、ピンク)
・シベライト(赤紫色)

・インディコライト(青色)
・ドラバイト(褐色または黄色)
・ショール(黒色)
・パライバ(ネオンブルー、ネオングリーン)
・バイカラー(2つの色が混在)
・パーティカラー(3つ以上の色が混在)
・ウォーターメロン(赤色またはピンク+緑色、バイカラーの一種)

 

 ただしこれだけ種類が有ると呼び名が紛らわしくなるため、鑑別機関によっては「レッドトルマリン」など、名前の前にカラーを入れられることが多いです。

 

 

人気のトルマリン

 

・ルベライト

トルマリンの中でも人気が高く、一般的にも入手できる赤、ピンク色の「ルベライト」です。ルベライトはその赤色から昔はルビーと間違われていたこともあったそうです。

 

・クロムトルマリン

グリーントルマリンの多くは、強い多色性を示します。 一方向で明るいグリーン、他方向で青色、というようにいずれの方向にも魅力的な色を呈する石は、最も価値があります。

 

グリーントルマリンの中で、クロム発色の変種はクロムトルマリンと呼ばれほとんどのグリーン・トルマリンよりも彩度の高い色相を呈すため、プレミアがつきます。

 

・パライバトルマリン

青緑にネオンブルーの色をしたトルマリンは「パライバトルマリン」と呼ばれ、全般的に最高品質のパライバ産トルマリンの価格は、他のトルマリンをはるかに上回ります。より魅力的な色相、より高い色飽和度、より高い希少性のためです。

 

1980年代終盤に発見されて以来、パライバ産トルマリンはその際立ったネオンブルーとグリーンで、宝石界に衝撃を与えてきました。今の日本でもパライバトルマリンは人気が有り、他のトルマリンと比べて価値もとても付きます!

 

iroishi-kaitori.jp

今回はトルマリンについて少し勉強しました!!あらためてトルマリンの種類は沢山ありますね!その中から価値のあるものを探すのは難しいことです。しかし!そんなときは安心ください。色石バンクがあります!

 

色石バンクでは色石を適切な品質評価により高価買取させて頂いております!パライバトルマリンかも、と思ったら一度色石バンクまでお送りください!もしかしたら、お手持ちの商品にビックリするほどの価値が付くかもしれません!!!

 

 

アクアマリンとは!?

 

おはようございます!!色石バンクヨシナリです!!

毎日暑いですね!皆様熱中症には十分ご注意くださいませ!!

 

と言うわけで今回は暑苦しくないよう、涼しげな宝石を勉強しようと思います!!!

 

 

f:id:iroishibank-yoshinari:20170610145936p:plain

 

今回勉強するのは、「アクアマリン」です!!

 

名前の由来はラテン語の「海水を意味する語からと言われています。

海のような色、してますよ!!

 

そんなアクアマリンは海に投げ入れると瞬時に溶け込んでしまうと言われるほどで、古いヨーロッパの船乗り達は、この石を海の力の宿ったお守りとして大切に持っていたそうです!

 

 

鉱物名はベリル

このブログで以前エメラルドを勉強したときにエメラルドの鉱物名はベリルと言いましたが、アクアマリンも同じベリルなのです。つまり緑のエメラルドを加熱処理することによってアクアマリンの色に変化させる事も可能です!

 

 

アクアマリンの産地

アクアマリンの産地は、主にスリランカ、ロシア、アフガニスタンマダガスカルパキスタン、インドなどが知られています。

 

また、最高品質と言われるアクアマリンはブラジルのサンタマリア鉱山で採掘される深いマリンブルーの石であり、一般に「サンタマリア」と呼ばれています。最高品質のアクアマリンの中にはブラジル産以外にもモザンビークなどで産出される「サンタマリア・アフリカーナ」と呼ばれる物もあります。

 

最近ではブラジル以外の鉱山からも深いマリンブルーのアクアマリンが産出されることがあるため、これらの品質をした物を全て「サンタマリア」または「サンタマリア・アフリカーナ」と呼ぶようになりました。

 

アクアマリンの品質評価

アクアマリンの品質評価としてはサイズも重要ですが、色や透明感が重要になってきます。元々インクルージョンは少ないものが多いので、一番はやはり色味が大きく価値に関わってくるのではないかと思います。

 

産出量の多いアクアマリンとしては色が薄く水色っぽい色味が多いですが、

先ほど産地について紹介しました「サンタマリア」により近い色味をしたものが価値の高いものになってきます。

 

特徴としては濃くて深い青色をしたもので、こういったアクアマリンは希少価値が高く珍しいので価値が高くなります。

 

f:id:iroishibank-yoshinari:20170610163504p:plain

 

今回はアクアマリンを勉強してみました!!「サンタマリア」と呼ばれるアクアマリンがあると言うことを初めて知ったという方もいらっしゃるんではないでしょうか!!

 

サンタマリアを見極めるには経験がないと難しく、沢山数を見て見比べてこないとわかりません。

 

しかし安心してください。

 

そんなときは豊富な経験と知識を積んできた色石バンクにお任せくださいませ!適切な価格と品質を評価し高価買取させて頂きます!

 

お問い合わせはこちら↓↓

iroishi-kaitori.jp

 

アクアマリン高価買取中!!

真珠の種類と品質評価

おはようございます!!色石バンクヨシナリです!!

 

もうすぐ5月も終わり、6月になりますね!一年の半分まで来ましたが皆様いかがお過ごしでしょうか!

 

ヨシナリとしてはもう半年たったのか、、と焦っているところです。

 

早速ですが、今回は6月も近いということで6月の誕生石でもある「真珠(パール)」について少し勉強していこうと思います!!

 

 

f:id:iroishibank-yoshinari:20170529063317p:plain

真珠は貝の体内で生成される宝石で、バイオミネラルとも呼ばれております。

エジプトでは紀元前3200年頃から既に知られていたと言われ、宝飾品としてあるいは薬として珍重されるようになっていきました。また、その時クレオパトラが酢に溶かして飲んでいたと伝えられているそうです!

 

 

真珠の種類

 

アコヤ真珠

南洋真珠

黒蝶真珠

マベ真珠

淡水パール

コンクパール

 

など

 

 

アコヤ真珠、南洋真珠

主に日本で取れる真珠がアコヤ真珠といいます。そして南半球で採れる真珠を、総じて南洋真珠と呼びます。南洋真珠は白や黒があり白色のものが白蝶真珠と呼ばれ黒蝶真珠とは黒色の南洋真珠を指します。

 

南洋真珠が育つ条件としては、温暖で美しい海であることです。原産地は白蝶真珠がオーストラリアやインドネシア、フィリピン、ミャンマーなど、黒蝶真珠はタヒチですが中にはごくわずかですが沖縄県でも養殖が行われています。

 

南洋真珠はアコヤ真珠に比べ、サイズの大きなものが主流で世界的に見ても生産量の限られている南洋真珠はアコヤ真珠よりも価値としては高いものになります。

 

淡水パール

イケチョウガイやカラス貝といった、淡水生の貝の中に出来る真珠は淡水パール(淡水真珠)と呼ばれます。現在流通している淡水パールのほとんどは養殖によって生産されており、養殖の際に母貝内に外套膜片のみを挿入し、核を挿入しないことから真珠が真円には育たないため様々な形をしているのが特徴です。

 

 

マベ真珠

マベガイから産する真珠。主に香港、台湾、インドネシア奄美大島で養殖されています。主に半球形ですが近年では養殖技術の向上で、球形も少量であるが産出されています!

 

真円の核を挿核して真円の真珠を作ることが難しいため、半円の核を貝殻の内側に貼り付けているため、半円形が特徴的な真珠です。

 

コンクパール

西インド諸島カリブ海に生息する巻貝であるピンク貝から産する真珠。珊瑚4のようなピンク色(他に白、黄、茶などもある)をしており、火焔模様が見られるのが特徴です。ピンク貝は巻貝であり人工的に核を挿入することが不可能なため、

 

コンクパールのほとんどが天然の真珠になります。コンクパールは千個、もしくは1万個に一個しか採れないと言われる希少な真珠なため産出量が少なく価値も高い真珠です。

 

 

 

真珠の品質評価

 

テリ

照りとは真珠の「輝き、光沢」のことです。
真珠層の巻きが厚いほどこの輝きが良くなります。
この照りが強いものほど輝きが良く、価値が高いとされています。

 

照りが良いものは、真珠にうつりこむものがシャープに見え、照りの悪いものは、真珠にうつりこむものがぼやけて見えます。

 

巻き

真珠はドブ貝を加工して作った核を貝の中に埋め込み、その周りを貝自身が作り出す分泌物で覆うように巻いていくことによって出来ていきます。
つまり巻きはその覆われた分泌物の厚さのことを言います。
巻きが良いというのは、真珠層が厚いということです。真珠層が厚いものほど良質で強い輝きを発する力を持っています!

 

キズ

真珠の肌はヒビやキズの少ないものが良質です。しかし真珠はほぼ自然に近い状態で養殖される海産物ですので多少のキズはつきものです。


一般に真珠が育つ間に出来たキズを「エクボ」と呼び、本真珠の「あかし」とされています。キズが少ない程、またそのキズが小さい程、良質とされます。

 

基本的に「ラウンド(真円)」、「セミラウンド(やや丸)」、「バロック(変形)」に分けられます。

 

一般的にこの中でラウンドと呼ばれるより真円に近いものほど良いとされています。

 

花珠

花珠(はなだま)と呼ばれる真珠があります。日本国内で生産(養殖)される真珠(アコヤガイによる)の内、特に品質が良く、非常に出現率の低い、貴重で非常にきれいな真珠のこで、これが付くと真珠としての価値がとても上がります。

 

 

f:id:iroishibank-yoshinari:20170529074838p:plain

以上、今回は真珠の種類や品質評価についての勉強をしました!!

余談になりますが、真珠を扱う中でイミテーションと呼ばれるプラスチックなどで作られた真珠もありますのでそういったものには十分注意が必要です。

 

簡単な判別方法としては真珠同士をこすり合わせたときに、ザラザラするものが天然で、ツルツルなものがイミテーションになります。

 

真珠にも偽物が多く出回っているので注意が必要ですね!!

 

今回勉強した真珠を、色石バンクでは高価買取中です!!

なお色石バンクでは製品の状態なものから、バラバラになっているルースのものまで全てお買取りさせて頂いております!気になる方はぜひ色石バンクまで!

 

お問い合わせ方法はこちら↓↓

iroishi-kaitori.jp

 

珊瑚について勉強してみました。

おはようございます!!色石バンクヨシナリです!!

皆様、だんだん夏が近づいてきたのか気温が暑くなってまいりましたがいかがお過ごしでしょうか。

 

 

夏といえば海!

 

 

海といえば珊瑚!!ですよね皆様。

 

 

ということで今回は珊瑚について少し勉強しようと思います。

 

 

 

f:id:iroishibank-yoshinari:20170514223206p:plain

 

珊瑚は色々と種類があり、その種類はなんと世界で約800種類もあります!!すごい!犬の種類と同じくらいですね!!!

 

その中で宝石としての珊瑚は深海に住むアカサンゴモモイロサンゴシロサンゴなどがございます。

 

日本中国で人気のある珊瑚は「アカサンゴ」で、その中でも血赤と呼ばれる深い赤色をしたものが最高級とされます!では朱色やピンクといったモモイロサンゴはダメなのかと言ったらそうではありません!!

 

ヨーロッパではアカサンゴよりも朱色やピンク系の本種が人気です!!国によって流行りや好みが違いますね!

 

色石バンクでも血赤サンゴは高額で買い取りさせて頂くことが多々ありますが、朱色なんかも大粒なものやテリの良いものなどは血赤珊瑚よりもお値段が付いたことがございます!

 

 

そんな珊瑚にも模造石(プラスチックやガラス)が多く存在しますので注意しましょう!!簡単な見分け方とすれば、珊瑚の表面にある虫食いを見ることです!サンゴは生き物なので天然のものは小さな虫食いと呼ばれる穴があることが多いです!

 

しかし虫食いがない綺麗で高品質な珊瑚もあるので、わからない時はぜひ色石バンクまで送ってみてください!

 

iroishi-kaitori.jp

 

今回勉強した珊瑚を次回のブログまで高価買取させていただきます!!色石バンクでは自社で研磨工場も構えておりますので、傷のあるものでも高価買取が可能です!

 

珊瑚高価買取中!!

 

 

 

 

 

 

 

合成石を作るベルヌーイ法とは!?

おはようございます!色石研究委員会会長のヨシナリです!

 

皆さま!今週はゴールデンウィークですね!中にはもうすでにお休みだよ!(ドヤ顔)な方々もいらっしゃるのではないでしょうか。これからお休みに入る皆様はもう予定は決まっておられるでしょうか!

 

ちなみにヨシナリは、何も決まっておりません!!!

 

 そんな楽しいゴールデンウィークを迎える前に、今回の色石一年生ブログでは前回に引き続き合成石についてもう少し勉強したいと思います!

 

 

 f:id:iroishibank-yoshinari:20170430173143j:image

まずはこちらをご覧ください。こちらの変な形をしたモノは、「ベルヌーイ法」という方法で作られた合成ルビーの原石です!見たことある方はあまり居ないのではないでしょうか!

 

ベルヌーイ法とは、化学者の「オーギュスト・ヴィクトル・ルイ・ベルヌーイ」さんという人が初めて商業的に成功した人工宝石の製造法になります。

 

主にルビーやサファイアの合成石がこの手法で作られることが多く、別名「火炎溶融法」とも呼ばれております。

 

製造法としては微細な粉末原料を酸水素炎を使って溶融させ、その時に出る

 

時代としては、1902年頃からベルヌーイ法は行われており、ベルヌーイ法によって作られた宝石の生産量は1907年で年間1000㎏、2000年になるとそれまでの生産量は250000㎏まで達していたようです、、、

 

そう思うと日本から合成石が沢山出てくるのも納得できちゃいますね!

 

 

 f:id:iroishibank-yoshinari:20170430173421j:image

続いてこちらは実際の合成ルビーのカットされたものです!どうですか、とっても綺麗ですよね。

 

前回勉強したときに合成石はインクルージョンが少ないといいましたが、こちらの写真を見るとその少なさが分かりますよね。

 

これが天然の宝石だったら僕はとても欲しいです!!!

 

そんなルビーをお持ちの方はぜひ色石バンクに送って見てください!もちろんルビー以外の色石も大歓迎です!

 

 

 

ということで今回の高価買取品目は「ルビー」を高価買取頑張りたいと思います!!

 

次回のブログまでルビー高価買取中です!

 

沢山の査定依頼お待ちしております!!!

 

色石バンクへ発送方法や詳細はこちら↓↓

iroishi-kaitori.jp