五大宝石アレキサンドライト

おはようございます!色石一年生ヨシナリです!!

 

前回はTBSの人気テレビ番組「マツコの知らない世界」で紹介されたパライバトルマリンについて勉強しました!!今回も引き続き番組で紹介された大変希少な石を勉強します!!

 

f:id:iroishibank-yoshinari:20180114165306p:plain

 

今回勉強する色石はこちら!!!

「アレキサンドライト」です!

 

アレキサンドライトとは

 

アレキサンドライトはクリソベリルと呼ばれる鉱物の一つで、太陽の下では青緑色のエメラルドに近い色をしています。また夜に人工照明の下では赤くなる二色性(カラーチェンジ効果)があることも大きな特徴の一つです。

 

1830年頃、ロシアで発見されたアレキサンドライトは当時エメラルドだと思われていました。その後、他の宝石にはない二色性の効果が珍しいとされ新しい効果を発見された日(アレクサンドル二世の12歳の誕生日)にちなんで、 非常に珍しい宝石にアレキサンドライトという名前がつけられたと言われています!

 

アレキサンドライトは産出量が大変少なく人気の石のためとても高価で、有名な四大宝石はダイヤモンド、ルビー、サファイア、エメラルドに加えアレキサンドライトは五大宝石として扱われたり「宝石の王様」と呼ばれたりもします。

 

産出地

 

スリランカ

スリランカ産は、比較的大き目の石が産出されますが色変化も含め品質の良いものはあまり出てきません。

 

・ブラジル

ブラジル産には透明度、変色性ともに上質のものがたまに産出されます。

 

・ロシア

ロシア産アレキサンドライトは稀産で滅出回らないため、ロシア産というだけで高値がついている場合があります。しかし品質としてはインクルージョンや傷が多い石とされています

 

その他の産地

・インド

タンザニア

マダガスカル

 

 

類似石

 

アレキサンドライトに似た天然石は多く存在します。例えばカラーチェンジのする合成アメジストや、カラーチェンジサファイア、カラーチェンジガーネット、アンデシンやスピネル、トルマリンなどがあります。

 

アレキサンドライトは1975年に人工合成に成功しています。

人工的に作られたものは、天然のもののトップクオリティに引けを取らないくらい美しく、また一見すると見分けるのが難しいものです。一般人には天然と人工の判別はほぼ不可能です。

 

 

まとめ

 

今回はアレキサンドライトについて勉強しました。

アレキサンドライトの品質評価としては透明度と、色の変化を見ます。石の中の内包物が少なく、色変わりが強いほど価値が上がります。

 

アレキサンドライトは類似石の勉強をしたときに伝えたとおり、合成石や類似石が多く判別が大変難しいです。

 

色石バンクなら長年の経験のある人間の目と特殊な機械を使い産地の特定も可能です。なので通常では難しい判別や品質評価も行えるため色石を高値で買取することが可能です!

 

気になる宝石がございましたら色石バンクまで!

iroishi-kaitori.jp

 

 

マツコの知らない世界でも紹介されたパライバトルマリン!

おはようございます!色石一年生ヨシナリです!!

 今回勉強する色石はこちらです!

 

 

f:id:iroishibank-yoshinari:20180103192115p:plain

 

パライバトルマリン

 

トルマリンの中で最も高評価を受けるのがパライバトルマリンで、南国の海の色を思い出させるネオンブルーのような色合いをしています。

 

このパライバトルマリン、以前TBSの「マツコの知らない世界」でも紹介され話題になっていますね!!番組内では80ctの特大パライバトルマリンが紹介されていてビックリしました!!

 

今回はそんなパライバトルマリンについて勉強してみましょう!!

 

 

パライバトルマリンの歴史

 

1989年以前から、青緑の色合いのトルマリンは世界各地で産出されていました。

しかし品質が悪く、サイズも小粒なものばかりだったため、あまり取り上げられる事がありませんでした。

 

その後、ブラジルのパライバ州から良質の結晶からカットされたトルマリンが世界の宝石市場に供給されました。パライバ州でとれたそのトルマリンは今までのものとと比較できない程の優れた価値を認められ、産出地の名前が与えられました。そして現在も貴石に劣らないパライバトルマリンになったのです!

 


トルマリン自体は世界中で産出されるますが、銅成分を大量に含んだ『パライバトルマリン』の産地は、ブラジルのパライバ州とその近郊に限定されています。年々その産出量は減少を続けており、既に枯渇したとの噂がたつほどです。

 

希少性とその人気からパライバトルマリンは1ct単位の価格では最も高い宝石とも言われています。

 

 

 

 

産地

 

・ブラジル パライバ州 サンドンデ・バターリャ

1989年にこの鉱山から偶然発見され、以後、唯一のパライバトルマリンを産出する鉱山としてその名を知らしめることになりました!

 

・アフリカ ナイジェリア

2001年に入り、アフリカのナイジェリアでもパライバトルマリンが産出されることが分かり、注目を浴びました。 ナイジェリア産パライバトルマリンの特徴は、ブラジル産パライバトルマリンに比べ、多少色の薄いブルーで品質もあまりよくない物が多く産出されます。またこの産地は2005年から産出されなくなってしまいました。

 

・アフリカ モザンビーク

 ナイジェリアに代わって、新たにパライバトルマリンの産出が始まったのが、同じアフリカ大陸にあるモザンビークです。こちらもナイジェリア同様薄いブルーの一品が多いのですが、中には本来のパライバトルマリンに近い良質な一品も含まれていることが分かり、品質の良いものは高い価格で取引されるようになりました。

 

 

品質評価

 

 

パライバトルマリンのネオンブルーのような色合いは、銅による影響を受ける事によりあのような美しい色合いを出します。評価の高いパライバトルマリンの色味はトロリとした深いネオンブルーをしています。

 

色味のほかに透明が高く、かつテリが美しいものが一級品のパライバトルマリンです。

しかし本来混じりあって色を紡ぎだすことのない酸化クロムと銅が混ざることによって生まれたのが、パライバトルマリンであるため、当然のことながら、内包物はほかの宝石と比べても多い宝石です。

 

まとめ

 

 

以上、今回はパライバトルマリンについて勉強してみました。

希少な宝石のうえ、品質の良いものも限られるパライバトルマリン

そんなレアな色石だからこそ高価に扱われるんですね!!

 

色石バンクではパライバトルマリンの産地特定も行い、自信を持った金額でお買取りしています!!

 

使わなくなったり、不要な宝石がございましたら査定に出してみては如何でしょうか!!

iroishi-kaitori.jp

 

 

キャッツアイ界人気ナンバーワンはこれじゃ!【クリソベリルキャッツアイ】

 

おはようございます!色石一年生ヨシナリです!!

本日はこちらの色石を勉強します!!

 

 

f:id:iroishibank-yoshinari:20171210174657j:plain

 

クリソベリルキャッツアイ

自然界にはキャッツ・アイと呼ばれる宝石がこのほかにも多くあります。

中でも絹のような光沢と鮮明な目をもった蜂蜜色のクリソベリル・キャッツ・アイは最も美しい猫目効果(シャトヤンシー)が現れる宝石です。   


クリソベリルキャッツアイは不思議な石で、キャッツアイ効果のないただのクリソベルはその稀少性と見合わない価格で取引されていますが、キャッツアイ効果(シャトヤンシー)が現れたものは何百何千倍の値段で取引されることがあります。それだけキャッツアイの人気があるということですね!

 

クリソベリルのキャッツアイが、ここまで世界的に知られるようになったのは、近年に入ってからのことで、歴史をたどると一世紀のローマの文献には、すでにスリランカとインドで産出されているそうですが、それ以降の長い間、クリソベリル キャッツアイが話題に上ることはありませんでした。

 

この宝石が話題になったのは19世紀に入ってからのことで、ビクトリア女王の3番目の息子であるコノート公爵が1879年にプロシアの王女に、クリソベリル キャッツアイの婚約指輪を贈りました。それによって一躍注目の的となったクリソベリル キャッツアイは、その直後から人気の宝石となりました。

 

 

【クリソベリルキャッツアイの主な産地】

 

・ロシア
・ブラジル
スリランカ
マダガスカル
タンザニア
モザンビーク
・中国

 

これだけクリソベリルキャッツアイの産地はありますが中でも有名なのはブラジルやスリランカです。

 

またそれ以外にもインド産のクリソベリルキャッツアイが最近、安価に入手できるそうですが、地色は薄い緑がかった黄色のため、あまり綺麗なものではありません。

 

 

【品質評価】 

 

クリソベリル キャッツアイの中で、もっとも人気があり、価値の高い色味は、“ハニーイエロー”と呼ばれる濃密な蜂蜜色です。

 

地色が蜂蜜色をしているカボションに、白いはっきりした目がでると、「ミルクと蜂蜜効果」(ミルク アンド ハニー/Milk and honey)と呼ばれ、最高品質の証しとされています。

 

日本人の言うハニーカラーは海外と違いがあるようで、日本では「黄色い」ものをそう呼ぶ傾向にありますが、海外だともっと深い、ブラウンに近い深みのある色のことを指すそうです。

 

 

【まとめ】

今回はクリソベリルキャッツアイについて勉強してみました!!

 

キャッツアイ効果のある石はクリソベリルキャッツアイのほかにも沢山あります。

中でもパワーストーンタイガーアイと呼ばれるキャッツアイ効果のある石がありますがこちらは宝石としての価値は全くと言っていいほどつかないものですので売りをお考えの場合は注意しましょう。

 

クリソベリルキャッツアイの品質評価は文字だけだと伝わりにくい部分も多くあります。色石バンクでは実際に送られてきたものを見ながら品質の評価やなんの石なのか詳しく説明することによってお客様のサポートも行っています。

 

気になる宝石などございましたら是非一度お送りください!!

iroishi-kaitori.jp

 

エジプトの王様も大好きペリドットの基礎知識

おはようございます!色石一年生ヨシナリです!!

 

今回は「ペリドット」と言う宝石の基礎知識について勉強して行きたいと思います!

 

f:id:iroishibank-yoshinari:20171126171916j:image 

 

ペリドットとは含有する鉄分によって、鮮やかな緑色をした宝石です。

 

古代エジプトでは「太陽の石」と呼ばれ、その国の王達が好んで王冠に使用したり、中世の教会では建物の装飾に使われたといわれていたほど昔から親しまれている宝石です!!

 

そんなペリドット、夜間照明の下でも昼間と変わらない鮮やかな緑色を維持したため、ローマ人からは「夜会のエメラルド(イブニング・エメラルド)」と呼ばれていました。

 

 

 

産地について

宝石として流通できる品質のものの産地は、アメリカ合衆国のハワイやアリゾナ州、中国、ミャンマーなどがあります。

 

また、古い産地としては紅海に浮かぶセントジョンズ島があり現在も鉱脈はありますが、採掘が禁止されています。

 

 

品質評価基準

 ペリドットの品質評価としては、鮮やかな色合いで内包物が少なく透明度が高いものほど価値が高くなります。

 

ペリドットの色は黄緑色のものから濃い深緑色のものまであります。どの色が良いものなのかは見た人の好みにもよっても変わって来るので色だけで価値が変わることがほとんどありません。しかし中には内包物によってブラウン系の色味をしたペリドットがあり、そういった色味のものは価値が低くなります!

 

 

 

まとめ

 

今回はペリドットの基礎的な知識について勉強しました!

 

 ペリドットは貴石に比べると価値の高い石ではないですが、品質によっては高値で取引されることもあります。

 

注意点としては金やプラチナのリングやネックレスに付いている石でも、中には緑色のペリドットによく似たガラスなどが存在するという事です。

 

簡単な判断方法としては内包物があるか無いかを確認し、内包物が無ければガラスやプラスチックの可能性があります。

 

しかし宝石のプロでない限りは簡単な判断方法でも正確な判断するのが難しいです。

 

色石バンクでは正確な判断を行い、適正価格で宝石をお買取しています。宝石のことなら色石バンクまで!

 

iroishi-kaitori.jp

11月の誕生石シトリン

 

皆さんおはようございます!色石一年生のヨシナリです!

 

 

 

 今回は前回勉強しましたアメジストに関連して、シトリンという宝石について勉強します!

 

f:id:iroishibank-yoshinari:20171113073631j:plain

 

シトリン

 

 

シトリンとは「黄水晶」と呼ばれ黄色の宝石の中でも頻繁に購入される人気の石です!

 

 

 

世に出回っているシトリンのほとんどはアメジストを加熱処理したもので、 天然のシトリンは稀少です。

 

 

 

 宝石の鑑別技術が進んでないころは、シトリンの黄褐色がトパーズと間違われていたほど綺麗な色合いをしています。 最近ではその魅力的なカラー、耐久性、そして水晶なのでほかの宝石と比べて安価な石ということから、黄色~オレンジ色の宝石の中でとても人気がある石となりました。

 

 

 

現代、シトリンは深みのある褐色や赤味がかったオレンジ色が人気があります。

しかし上質のシトリンでも値段は控えめです。 サイズの大きなものも産出量が比較的多くカラットあたりの価格があまり上下しないので、大きな宝石でも手頃な価格になります。

 

 

 

f:id:iroishibank-yoshinari:20171113073747j:plain



アメトリン

 


またシトリンのなかには、アメジストとシトリンの色が同じ結晶中に同時に発生することがあります。アメトリンという見た目通りの名前で ツートンカラーの面白い宝石です!

 

 

 

 

天然のアメトリンは希少で、出回っているもののほとんどはアメジストを人工的に加工したものになります。

 

 

 

天然で生成される環境はとても限られており、現在も南アメリカにあるボリビアのアナイ鉱山でしか産出されていません。

 

 

 

 

まとめ

 

今回はシトリンについて少し勉強してみました!

 

注意点としてはシトリンにも合成石があることです!

 

 

そんな合成石の見分ける判別方法の一つとしてはシトリンの面を下向きにして、下からライトを照らします。

 

 

 

天然のシトリンにはムラが出ますが、合成にはまんべんなく色が乗っているものがほとんどです。ただし中にはムラのある合成石も存在するため、本当の判断はプロにまかせてあくまで簡単な判別方法の一つとして考えましょう!

 

 

 

それでは、次回も色石一年生をよろしくお願いします!!

 

 

iroishi-kaitori.jp

 

 

 

 

アメジストの特徴は?

おはようございます!色石一年生ヨシナリです!

 

今回はアメジストと言う色石について勉強してみます!!

 

 f:id:iroishibank-yoshinari:20171030002303j:image

アメジスト紫水晶とも呼ばれる、その名の通り紫色をした水晶を指します!

 

アメジストという名前は『amethustos』(酔わせない)が由来しています。お酒の酔いを防ぐ効果があると信じられていたそうです!お酒をついつい飲みすぎてしまう人は、気休めに身につけて見てはいかがでしょうか。意外と効くかもしれませんね、、、!!

 

アメジストのモース硬度は7にあたり、トパーズの次に硬度が高いと言えます!ちなみにハンマーで叩き割ったりすると結晶の構造上貝殻の断面になるんです!!

 

 

産地について

 

ブラジルのリオ・グランデ・ド・スール州アメジストの世界最大の産地になります。

 

ほかにもスリランカマダガスカル中央アフリカでも産地になっており、そこからは質の良いアメジストが産出されます。

 

そして日本でもアメジストは産出されていて、宮城県白石市の雨塚山や鳥取県で産出されています!日本でも取れると親近感が湧きますね!

 

 

豆知識

 

アメジストは加熱されると色が薄くなり、そのまま熱し続けると段々と緑色になり250度で加熱すると無色になります。無色のアメジストX線で照射すると色が元に戻ります!

 

 

まとめ

 

アメジストは産出量も多く、今まで勉強してきた色石と比べると価値としては安価な色石です。

 

そんなアメジスト、品質評価としては色が綺麗に乗っていて、サイズが大きなものが比較的値段がつく方のものになります。

 

注意点としては、合成のアメジストもあると言う所でしょうか。判別方法の一つとして、アメジストの下からライトを照らすと天然のアメジストは色ムラがあり、合成のアメジストには満遍なく色が乗っているのが分かると思います!

 

日本一の色石買取 | 色石買取の色石バンク

 

 

 

 

 

 

安価と思われがちなガーネットの中でも「他の希少石に劣らない希少種とは」

おはようございます!山より海派、色石バンクヨシナリです!!

 

色石バンクでは前回、ガーネットについて勉強しました!

今回はその続きとして、ガーネットの中でも希少なガーネットなどを勉強します!!

 

 

f:id:iroishibank-yoshinari:20171016053715j:plain

グロシュラライトガーネット

 

一般的に『グリーンガーネット』と呼ばれる石は、緑色のグロッシュラーライトのことを指します。

 

由来はグースベリー(セイヨウスグリ)の学名、グロシュラー(Grossularaia)から名付けられたそうです。

 

ケニアタンザニアで産出するバナジウムの混入によりエメラルドにも劣らない、美しい緑色をしています。

 

産出量 の少ないグロッシュラライトは別名「ツァボライト」とも呼ばれています。その由来は1968年アフリカ・ケニアキリマンジャロ山の東方にある世界最大級の自然公園であるツァボ国立公園で発見されたことにより、ティファニー社がツァボライトと命名し販売しました。

 

グロッシュラライトは屈折率がサファイアに近い1.74という数値でよく輝き、硬度も高く、ガーネットの中でも価値が高いものになります。緑色は出来るだけ濃くて、透明度が高いものが高品質です。

 

グロッシュラライトには緑色以外にも無色、黄色、茶色が知られており、赤褐色のヘソナイトもグロシュラライトの一種に属しています。

 

 

 

 

 

f:id:iroishibank-yoshinari:20171016053747j:plain

デマントイドガーネット

 

デマントイドという名前は、古いドイツ語で「ダイヤモンドのような」という意味の「デマント」に由来しており、ダイアモンドよりもデマントイドは光の分散度が高く、希少性もあることからガー ネット中で最も高く評価されています。

 

デマンドイドガーネットは、1860年代からロシアのウラル山脈で採掘されました。

 

現在はナミビアマダガスカルからも産出しますが、ロシア産の品質に定評があります。

 

グループの分類の中ではアンドラダイトに属しする黄緑~緑色をした鮮やかな石です。

 

この石はガーネットの中でも価格や希少性、人気度で他の希少宝石に劣らない逸品です!!


デマントイドもグロッシュラライト同様、緑色は出来るだけ濃くて、透明度が高いものが高品質なものになります!

 

 

まとめ

以上、今回は希少なガーネット二点について勉強致しました!

 

今回紹介したガーネットは希少性が高く、産出量の多い赤褐色のガーネットと比べるとその価値は大きく違います!

 

しかしデマントイドガーネットなどは昔エメラルドと間違われていたほどなのでプロでない限りは見分けることもできません。

 

気になる石やこんな石は値段が付くの?と思うものは是非一度色石バンクまでお問い合わせください!

iroishi-kaitori.jp